定期航空協会
■国内線 機内持込制限品の取り扱い方法の変更について
(2008年10月9日)

2008年10月15日より保安検査場における機内持ち込み制限品の取り扱いが変更になります。
保安検査場でハサミ、工具、ナイフ等の機内持込制限品が発見された場合、手荷物カウンターでお預け頂くか保安検査場に設置されている放棄品箱へ廃棄頂くこととなります。
また、法令により手荷物カウンターでお預り出来ない危険物は出発保安検査場に設置されている放棄品箱へ廃棄頂くこととなります。保安検査強化にご理解とご協力をお願いいたします。

刃物等の機内への持ち込みは法律違反であり50万円以下の罰金の対象となります。

以上

概要提言お知らせプレスリリーストップ