定期航空協会
■「海の日」3連休を楽しもう!の取り組みについて
(2016年7月1日)

定期航空協会は、「海の日」3連休を楽しもう!をキャッチコピーに、観光関係の団体と連携して、国民の祝日「海の日」の意義を広く伝えていくとともに、観光需要の喚起に取り組んでいます。

「海の日」は、海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う日として、平成8年に7月20日を国民の祝日「海の日」とすることが制定されました。その後、平成13年に「国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律」が成立したことにより、「海の日」は、平成15年から7月の第3月曜日となり、3連休化されました。

今年も海を楽しむ・関心を持つためのイベントが、全国各地で行われています。
例えば、海フェスタは「海の恩恵に感謝し、海洋国日本の繁栄を願う日」という「海の日」本来の意義を再認識し、海に対する関心を持つことを目的として、毎年、海にゆかりのある自治体で開催されています。平成28年の海フェスタ東三河は、愛知県三河港周辺の東三河8市町村で開催するもので、海・川・港の魅力や重要性を次の世代へ繋げ、多彩で豊かな地域資源の魅力を全国に発信することを基本コンセプトとして、三河港の活性化、東三河地域全体の発展に繋げることを目的として実施します。

定期航空協会は、「海の日」3連休を楽しもう!の取り組みを通じて、国民の祝日「海の日」の意義を広めて、社会に貢献していきます。

*公益社団法人日本観光振興協会 全国観るなび 「海の日」3連休を楽しもう!
http://www.nihon-kankou.or.jp/uminohi/

*海フェスタ東三河
開催期間:平成28年7月16日(土)〜平成28年7月31日(日)
http://www.umifesta-higashimikawa.jp/


概要提言お知らせプレスリリーストップ