定期航空協会
■『航空事業経営基盤強化総合対策プログラム』に関して
(2003年8月29日)
本プログラムは、航空各社が急激な需要減少に伴う経営の悪化から回復を図るとともに、中長期的に本邦航空産業の国際競争力を図る観点から、極めて高く評価できるものであり、対策として示された措置が円滑に実施されますことを期待致します。航空各社としては、コスト構造改革を中心とする一層の経営合理化を進めていく所存であります。

(以上)

概要提言お知らせプレスリリーストップ